ラジウム温泉特集

ラジウム温泉情報サイト「ラジウム温泉特集」の山梨県増富温泉


ラジウム含有量世界屈指の温泉

雄大な山々に囲まれた自然豊かな環境に囲まれ、武田信玄の隠し湯としても言い伝えのある風情のある温泉です。ラドンの含有量がとても豊富といわれているこちらの増富温泉は、ガン治療を目的とした方々には、温泉水を飲む目的で来られる方も多いとか。こちらの温泉街で一番古い金泉湯は、30℃前後の冷たい源泉ですが、水面すぐ近くで漂うラドンを吸い込み健康増進目的に利用している方も多いようです。ゆったりと温泉に浸かる入浴法が効果的で、皮膚からも温泉成分を余すところなく体に取り入れましょう。本気で湯治目的でいらしている方も多いこの温泉。源泉を1日に一合ほどゆっくりと飲むと良いとされています。

かつて戦前はラドンが12800マッヘ/kg(ラドン放射線の濃度)を誇った源泉です。今現在でも当時よりは落ち着いたものの、49ある源泉のうち最高はラドンが730マッヘ/kgであるそうです。温泉宿によっても変わるようですが、その天然ラドンの数値は驚きです。温泉街にいるだけで、ぜんそく持ちの方は呼吸が楽になるそうですよ。温泉水を飲用すれば、糖尿病や肝臓病にもいいとされています。近辺の旅館は温泉湯治を目的とした人々が多いため素朴な感じで、ますます都会の喧騒から離れてゆったりできるくつろぎの旅となることでしょう。