ラジウム温泉特集

ラジウム温泉情報サイト「ラジウム温泉特集」の秋田県玉川温泉


天然記念物でできた温泉

秋田県にある玉川温泉は、焼山山麓に湯本があり、1ケ所から9,000リットルもの温泉が湧き、強い酸性質の温泉という点ではとても著名な秘境の温泉です。酸性湯によって皮膚が反応を起こし、そこで増えた白血球にあるリンパ球がガンや様々な病気へ対抗するための免疫細胞を活性化させるようです。源泉100%の浴槽から、50%のマイルドな大浴場、ゆったりと横になれる寝湯、打たせ湯、蒸気を吸い込んで入る湯など多数あります。貸切りの小浴場もあり、要介護の方でも気兼ねなく入浴できる施設もあります。地熱を生かした今話題の本格的な岩盤浴もあり、温泉旅の醍醐味を十分満たしてくれる事でしょう。

ここの温泉の岩盤浴は、超本格派と言われています。玉川温泉の天然ラドンは、自然界にあるものの3倍もの微量放射線を出しており、それが体の免疫力を高めてくれるようです。蒸気の出ている場所で天然ラドンを吸い込みながら岩盤浴をすれば、熱に弱いガン細胞を弱らせることが出来るとも言われています。国の天然記念物の指定を受けている程の天然放射線を放つ北投石と呼ばれる世界的にも貴重な石が使われているのです!北投石はラドン222という元素を放ち、半減期も長くて4日と短く、体内に留まったとしても1ヶ月も経たないうちに体外へ出て行きます。ガンをはじめ、糖尿病、リューマチの痛み、自律神経症や不眠症、皮膚病などに効くそうです。ラジウム温泉湯治の旅には外せないホットなスポットです。